忍者ブログ
風俗一緒でもいいじゃんか
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その昔二股をかけられたことがある。 それが発覚したのは私とその彼の共通の友達Rが見兼ねて私にそれを話したからだった。 私はすぐに男を責めることはしなかった。 我慢していたというよりはどう切りだそうか迷っていたからだ。 実はそのことは薄々は感じていた。 男の部屋にいる時にかかってくる電話。受話器からは女のものと 思われる声がかすかに聞こえてくるのに男は 「高校の同級生でさー、コイツがサッカー上手な奴なんだよ」 なんて笑ってみたりしていた。 心の中では「うそつき」と叫びたい気持ちでいっぱいなのに 私にはそれを確かめるのが怖かったというのもあった。 私の心の中では毎日が葛藤だった。 今まで不安に思っていたことをぶつけたいと思う私。 そして二股をかけられていたとしても、どうしてもその男の側にいたいというもう一人の私。 ある日あきらかに嘘だとわかる理由で男は会うのをキャンセルしてきた。     その時どういうわけか急に我慢できなくなって私は男を問いただした。 「女のところに行くんでしょう!」 「違うよ。だから親に会いにいくっていってんじゃん」 「絶対に嘘!」 「オレのことが信じられないのか!」 男はいつも自分の立場が危なくなると 「オレのこと信じられないのか」という。 これってすごくずるい。 信じてるとか信じてないとかの問題ではないのだ。 ただ事実が知りたいだけ。嘘のない本当の事実が。 男は明らかに嘘をついているのに「信じられないのか」 という言葉でまるで私が疑ったことが一方的に悪いかのような方向にもっていこうとする。 けれども私がRのことを口にした時彼の態度はちょっとひるんだ。 「Rが私に話してくれたんだもん。あんたがそういうことしてるって・・・」 「Rのやつ・・・」 そして二人は無言になった。 少したってから口を開いたのは男の方だった。 「アイツとは会ってるけどそんなんじゃねぇよ。」 「じゃあなんなの?」 「・・・友達だよ」 「じゃあなんで私に隠してるの?」 そんな押し問答をしてるうちにだんだん二人とも頭に血がのぼってきた。 「もうその女と会わないで!」 「友達なんだからいーじゃん」 「よくない!絶対に怪しい!信じられない!」 「信じられないのか・・・・じゃあ別れるか。」 でもこの結果には私は納得できなかった。 私が満足できる結果というのはその男が相手の女と会うのをやめて 私のことだけを見てくれることなのだから。 「それはずるいよ。」 「なんで?おまえが信じられないなら別れるしかないだろ」 「信じられなくしたのはあんたでしょ」 「でもオレのこともう信じられないんだろ?  ならもうどうしよーもねーじゃん」 「私のこともう好きじゃないの?」 「好きだけど信じられないなら一緒にいたってもうダメだろ」 こういう時の男は本当にずるい。 男はやっぱり私が信じられないせいでダメになったという方向に持っていこうとしてる。 そして別れを切り出せば私が降参すると思っているのだと思う。 沢山好きになった方が負け。と誰かが言っていた。 好きになりすぎた方はその人との「別れ」が一番の恐怖なのだ。 だから相手に弱みを握られているようなものだ、と・・・。 この時はまだ男がどちらが本命だと思っていたのかはわからなかったけれど、 私は「別れる」という選択肢を選べずにずるずると修羅場のような日々に入っていった。 どうして逃げようとする人って追いかけたくなるんだろう。 半分は意地のようなものだったかもしれない。 「他人が欲しがるとゴミでも惜しい」という言葉を思い出す。 とりあえずは男の言葉を信じるということで 見た目には元のように戻った。男の思う壺である。 私にとってはいつも不安で何かに怯えて暮らすようなそんな生活が続いていた。 そんな毎日の中で突然1通の手紙が私のもとに届いた。手紙には 「私は○○(その男の名前)の子供を妊娠しています。どうか別れてください」 と内容はものすごいけど控えめな表現の文章が書かれていた。 相手が丁寧な言葉を選んでいるというところが私にとっては恐怖だった。 もしこれが「別れろ!」とか「死んでしまえ!」 とか書かれていたのならもっと違う感じに受け取ったと思う。 でも相手からこうして冷静にこられると こちらから二股の相手に一方的に責める気にもなれず 結局は男の方を責めることを私は選んだ。 前に私の男友達が話していたことにこんな言葉があった。  男が浮気をして発覚した場合、女は男を恨まずに  相手の女を恨む。そして女が浮気をして発覚した時には  男は相手の男ではなくその女を恨む。 みんながみんなこれに当てはまる訳ではないかもしれないけど、なるほどな。と思った。 でもその時の私は違った。 妙に冷静な言葉に恐怖を感じていたからかもしれない。 なんとなくその文章からは「本気」という念があふれでている気がした。 男にその手紙を突きつけて私は責め立てた。 「やっぱり浮気してたんじゃない。うそつき!  信じろって言ってたのは誰さ??」 「・・・・・」 「なんとかいいなさいよ!」 「・・・その手紙は嘘だよ。オレがふった女がおまえに  いやがらせしてんだよ。そんなもん本気にするな」 その言葉を聞いたとき、私の中で一気に熱が冷めた。 ここまできてもまだ嘘をつきとおそうとする男に幻滅し、 同時にどうして今までこんな男に一所懸命になっていたんだろう と自分に疑問を持った。そして突然この男がどうでもいい存在に思えたのだ。 そして私は自ら「別れ」という道を選んだ。 その後二人は結婚したという噂を聞いた。   ------------------------------ 二股をかけられている人をいろいろなところで見る機会があるけれど 結局は自分でずるい男から逃げなければいつまでたっても今と同じ日常の繰り返しになるだけ。 今ずるい男に捕まってる人は早く気づいて幸せな人生を歩いてほしいものです。 上記記事抜擢。 こんな男最悪です!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
(09/25)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(02/26)
(08/11)
(08/11)
(08/11)
(08/11)
P R